教わる技術

 

研修名 教わる技術 icon02
icon08
対象 新入社員・若手
所要時間 3時間~1日

 

 概 要

弊社では毎年、多数の企業様にて「マナー」「仕事の進め方」「聞く」「話す」「インプレッションマネジメント」「セルフモチベーション」等の研修を“新入社員研修”として実施させていただいております。
しかしながら、心理学者としての立場から、また10年以上にわたる講師経験の立場から、そもそも「研修を受ける姿勢」「学ぶ姿勢」「教えられたことを吸収する方法」「知恵や知識を実際の行動につなげていく技術」をまずは教えるべきではないかと痛感するようになりました。
研修やセミナーに携わったことのある方であれば、誰もが実感されていることと思いますが、同じ研修を受けても「1しか持ち帰らない人もいれば、100を持ち帰る人もいる」「何も行動しない人もいれば、その日からすぐにアクションを起こす人もいる」。もちろんこれらは研修内容や講師の責任であるということが基本ですが、参加者の方の「教わる」「学ぶ」姿勢や技術しだいで、研修効果が大きく変わるということは言うまでもありません。
また、研修だけではなく、特に新人のうちには、先輩社員や上司、そして取引先やお客さまからたくさんのことを教わっていかないといけません。教わり方のマナー、教わろうという姿勢、教えてもらうための聞く・話す技術、教えてもらったことをアクションに落とし込んでいく技術が非常に重要なのです。
そこで、新入社員という早い時期の段階で「教わる技術」を教えてあげることをおすすめいたします。
新入社員研修の効果を確実に上げるため、また、周囲と良い関係を築きながら早く一人前の社員となってもらうため、ぜひお勧めのプログラムです。

 参考書籍
book48_s 1を聞いて100を知れ!
~他人より10倍速く成長する人の心理法則~

出版:プレジデント社
book11_s 「できない」が「やってみよう!」に変わる心理法則
出版:講談社

問い合わせ窓口

smeil01
mmeil01

アーカイブ

ページ上部へ戻る