(図解)他人を動かすのが上手な人の「心理術」

【出版】
PHP研究所

【内容】
誰もが人を意のままに動かしたいと考えているが、そうたやすいものではない。しかし、相手をこちらの思うとおりに動かしたからといって、それで万事うまくいくのかというと、それも問題がある。気持ち良く、心から満足してその説得に応じたという印象を相手自身に残せないと、「イヤイヤながら応
じた」では意味がないのだ。欧米式の説得や交渉が成功してその場では得をしても、長い目で見れば損になる危険性をはらんでいる。むしろわが国においては、話すことによって相手を説き伏せるのではなく、相手の話を聞き、質問を投げかけることにより、気づかないうちに相手を意のままに、しかも「しこり」も残さずに動かすやり方こそがベストなのだ。

本書では人間の心理法則を踏まえた具体的で実践的な数々の技術を図解中心に紹介していくものである。

⇒アマゾンにて購入

関連記事

ページ上部へ戻る